歯周病について/診療についての詳細ページ/森本歯科クリニック


お問い合わせ

コラム

HOME

 

 


文字サイズの変更

 


 

歯周病について


歯周病の発症のメカニズムはまだ完全には解明されていませんが、口の中の細菌がその主要因である事は良く知られています。 歯周病原性細菌と呼ばれる細菌が作り出す毒素によって歯肉に限局して炎症を引き起こしたものを歯肉炎、歯を支える骨にまで炎症が波及し骨が溶けてしまう現象を歯周炎といいます。 この両者の総称を歯周病と呼びます。

 


 


清掃不良によって歯肉が腫れています。(歯肉炎)

プラークの染め出しを行うと、歯肉に沿って赤く染まっています。




衛生士による清掃とブラッシング指導によって改善しました。






歯茎の際に歯石がこびりついて、歯肉が腫れています。 (歯周炎)

歯石除去と徹底したブラッシング指導によって改善しました。







※この項目についての院長ブログ

 


 

前へ

次へ

 



 

 

前の画面に戻る


 

関連情報 (4件)

 

  • 小児歯科について
  • インプラントについて
  • 顎関節症について
  • 咬み合わせについて
  •  

    Tweet 


     

     

    facebook area

     

     

     


     

     

     
     

     

     


    

     

    診療日カレンダー
    2017年12月

         1 2
    3 4 5 6 7 8 9
    10 11 12 13 14 15 16
    17 18 19 20 21 22 23
    24 25 26 27 28 29 30
    31       
    赤色の日付は休診です。

     


    ≪診療日カレンダー詳細≫


     



    サイトマップ